シニア関連 若者・女性関連 
リンク元

ダイヤモンドオンライン

要約眼鏡業界
眼鏡の価格は、1990年代頃まで基本は2~4万円のオーダーメイドの商品だった。しかし、バブル経済崩壊後の不況や少子化、コンタクトレンズや視力回復手術の普及などにより、国内の眼鏡需要は落ち込んでいる。
加えて2000年以降、低価格の新規の眼鏡チェーンが続々と市場参入し、価格破壊が進んだ。レンズとフレームを合わせて1万円以下の固定価格となった。

自信を失わせてから退職勧告を切り出す社員の整理が進むシュリンク業界の内情。
大手のリストラルームに入れらて、その後退職した事例。
30代後半以上の転職が厳しいタイミングを狙い、人事部が退職についての話し合いの場を短い期間に何度か設けられる。外部の労働組合ユニオンなどの短期間は第三者機関に逃げ込まれない為。
退職しない場合は、転職支援会社との話し合い、地方転勤なども含め、自主退職に追い込まれる。
年収860万円の40-50代でリストラ → 伝手を頼った個人事業経営で年収600万円 → 伝手が切れて売上減で年300万円台 → 再就職に救われる。

この業界でリストラ中高年世代の活路はどこか?
ずばり、海外で通用し得る売り手、つまりリスク覚悟の営業力だ。そのためにも語学力を磨きたい。
フレームにしろレンズにしろ、日本製のものは依然としてその技術レベルが高く、国際市場で通用する。この業界は、大手はもちろん小さな会社も、他の業界に比べると比較的早くから海外生産を始めたり、現地法人と提携などを進めてきた。売るためのシステムは、それなりに整っているが、足りないのは、この営業力。
意見リストラ部屋の記述はまさに、最近よく耳にするようになりました。
年収300万円も当たり前の時代が来ようとしている今、50歳代以上は今までの蓄財と年金をベースに、プランを立てられるだけ、まだ「ましな話」と言えるかもしれません。

問題は、20-40歳の現役世代です。
真剣に、キャリアアップに向けた実力養成とともに、定収入でも贅沢に豊かに暮らす生活、非金銭・バーター取引、「お金」以外での地域や仲間との繋がりを意識した活動が必要とされています。

「海外とか語学力とかを鍛えろ」という話も一般論ではわかりますが、既に非正規社員やニートの場合、日々の日銭稼ぎだけで手いっぱいで、お金と時間ともに到底余力はないでしょう。ましてや、借金してまで学校に通ったりするのもまたあまりお勧めできません。
備考

Fatal error: Call to undefined function wpfp_link() in /home/agent-group/rescueagent.net/public_html/wp-content/themes/agbs/partials/content-single_column.php on line 27