告知・参加募集 コミュニケーション コモディティ化 ブラック企業 曖昧ワード 若手社員 賃金 
リンク元

J-CASTニュース

要約厚生労働省が発表した5月(2014年)の全国の有効求人倍率は18か月連続で改善。1992年6月以来21年11か月ぶりの高さで、バブル崩壊後の最高水準。
景気の緩やかな回復を背景に製造業などを中心に採用意欲が高まり、人手不足が深刻な問題視されつつある。
日銀の試算によると景気循環に左右されない構造的な失業率は3%台半ばなので、5月の完全失業率3.5%(総務省)は、希望者全員が職を得られる「完全雇用」に達している可能性がある。

そうなると増えるのが「強気に振舞う可能性がある面倒な若手社員」
・職場環境や待遇面の改善を求める
・出来ないのであれば別の職場を探す

そういう強気な若手社員に、以下のような曖昧ワードを使ってはダメ。
・出来ればお願いしたい
・可能な範囲で協力して欲しい
・適宜すすめてもらって構わない

このように言い換える事で、うまくコミュニケーションをとって、うまく取っていきたい。
パターン1:なんとかやって欲しい
パターン2:無理でなければやって欲しい
意見強気の若手社員とのコミュニケーション術の話だけにとどまりません。

業務の選択と集中、クラウドソーシングなどで、業務の外注化は一層進んでいます。
そういった中で、従来はツーカーの仲の業者(クライアント)との付き合いだけでよかったのが、ある程度ビジネスライクな低価格スポット依頼をする可能性は高まっています。
そういった際にも、この「曖昧ワード」禁止は重要です。
取引業者(クライアント)との曖昧な形での合意は、その後予想外のリスクとなります。
昔ほど、お互いに時間的・金銭的に余裕がない中、「話が違う」も「そこまで決める必要があるのか」と極端にやり方も変えるわけにもいきません。

だったら、少しだけでも言い方を変えて、スムーズにコミュニケーションをとってみませんか?
備考

Fatal error: Call to undefined function wpfp_link() in /home/agent-group/rescueagent.net/public_html/wp-content/themes/agbs/partials/content-single_column.php on line 27