シニア関連 若者・女性関連 
リンク元

ダイヤモンドオンライン

要約広告業界のベンチャー企業
電通が発表する「日本の広告費」によると、マスコミ4媒体(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)の市場規模は、2005年に3兆7408億円となって以降、6年連続で減少。2008年のリーマンショックを経て、2011年には2兆701億円となった。
一方で2005年に3777 億円だったインターネット広告費は、2011年には2倍以上の8062億円に伸びている。広告業界における経営環境は、SNSやスマートフォン、電子書籍などの登場により、大きく変化している。新たな有望市場を掴もうと新規参入するベンチャー企業は多い。

「売上は、700億円前後から半分以下にシュリンク。社員は800人ほどから400人くらいに減った。」
2008年秋のリーマンショック以降、多くの企業がテレビCMやイベントなどを次々と打ち切り、広告業界は苦境に陥った。広告関連業者の倒産件数は、中小を中心に増え続けている。大手業者と中小業者の二極化があり、いったん「下請け」になると、なかなか抜け出せない構造でもある。

ベンチャーを立ち上げる社長は、幼少期に辛い経験をしている場合が多い。そういう社長の元、業績が伸び悩むベンチャー企業は辞めていく人が多く、社員間でノウハウなどが共有されない。組織として安定的に稼ぐシステムがつくれない。創業期に多い、個人事業主の集まりのような状態のままであり、組織の力を生かした戦い方ができない。
IT化を進めても営業方式は従来型のプッシュ型営業。

広告業界のベンチャー営業マンは、20代でマネジャーになり、多くの部下を持った人は、その後能力が止まり、30代で辞めていった。
20代で会社が上場などでお金持ちになり、成長意欲を無くすからではないかと考えられる。

ワンマン社長・創業者一族、シーラカンス中堅幹部、素人・ブラック待遇の若手での悪循環経営。

意見社員数800人が400人に減ったレベルにしても、組織上は十分大きなベンチャー企業の苦悩が描かれている。

営業職は今も昔も人海戦術で、募集の絶対数は多い為、働き口が減る中で、ブラック企業とわかっていても就職する若者は多いと思われます。
更に酷くなると、ブラックな雇用条件そのままで、正社員→契約社員・派遣社員→外注委託となるケースも増えているのではないでしょうか?

一流と呼ばれる営業職に長けた人材もいる一方で、組織としての営業ノウハウがないまま、闇雲に営業をがんばり、疲れ果てて退職してしまう若手営業マン。
現実は厳しい。。
備考

Fatal error: Call to undefined function wpfp_link() in /home/agent-group/rescueagent.net/public_html/wp-content/themes/agbs/partials/content-single_column.php on line 27